お薦めプラン

お薦めプラン

大渓旧市街区は台湾桃園市内に位置し,桃園で最も早く発展を遂げた土地です。清時代から、日本統治時代を経て、今に至るまで長い歴史を持ち,各時代の面影を今でも町の至る所で見つけることができます。初期の大渓は大漢渓と淡水河を小舟で行き来し、貿易が盛んになるにつれて商号と商人が増えていきました。日本統治時代にはバロック式建築が流行り,和平路、中山路などの旧市街では,商号独自にバロック式装飾と閩南(びんなん)式模様を融合させました。ギリシャ式門構えに加え、ローマ式支柱と、中式の魚や蝙蝠のご利益ある模様をあわせたものが代表的です。和平旧市街は開発が遅れたため、古民家の保存状態もよく、今でも街中には店が立ち並び、賑わっています。

木器DIY

新玉清木器

新玉清木器行は1976年に簡玉清さんによって創立されました。簡玉清さんは子供を4人育てており。そのうちの2人は木彫りを勉強し、2人は木器について勉強しました。2代目の簡登賀さんは視覚伝達デザイン学部を卒業しており、文化部の細木伝統師匠として活躍しています。優れた技術で伝統工法をしっかりと現代美学の概念と結び付けることで、伝統工芸に新たな光を当てています。

住所

桃園市大溪區和平路30號

▲DIYカタログ

DIY 動画

%d 位部落客按了讚: